事業内容Business

事業内容

船橋農産物供給センターは、1975年6月、7名の生産者によって誕生しました。市街化区域内の農地にかかる「宅地並み課税」が大きな社会問題となった1968年、船橋農業問題研究会に参加した農村青年が反対運動をすすめるなかで、消費者は都市農業をどう考えているのだろうと、高根台団地(船橋市)にビラを配り、野菜の青空市を行ったのが、センター誕生のきっかけでした。そして30年、農薬だけに頼らず、土本来の力を引き出す農業で地域の人々に喜ばれながら発展してきました。現在は、千葉県の北総地域を中心に、約120名の生産者によって野菜を中心にお米・果物も生産しております。また八街市と印西市に集荷場をもち、船橋市に産直のお店「味菜畑」と交流施設「好人舎」を設けております。

生協産直

多くの人たちにおいしい国産の野菜を食べてほしい、多くの人たちと交流していきたいという思いをこめて、船橋市民生協に野菜をお届けすることからスタートしました。

現在では、生協組合員さんに産地見学やイベントにご参加頂くだけでなく、プロジェクトの企画の段階からご参加頂き、一方通行ではない双方向の交流を行っています。

また、台風など甚大な災害の際には、支援金や有志によるボランティアなど、生産者と組合員が共に手を取りあう関係を気づいています。

野菜ボックス

当センターでは、旬の野菜を中心に7種類以上を詰め合わせて毎週、お客様にお届けしています(品目により6種類や8種類になることもあります)。

   
内 容
◎7種類以上の旬の野菜(たまにおまけが入ることも!?)
◎産地のお便り

農業体験・交流会

『消費者にはもっと米を食べてほしいなぁ』
 
『もっともっと米のことを知ってもらいたいなぁ』
 
『うちは2反の田んぼがもう何年も米作ってないから荒れてしまってる。本当は米、作りたいんだよ』
 
『その田んぼ、整備すれば米作れる?』
 
『もちろん!いい田んぼだったし、きれいにすれば山の湧き水で米作りができると思うよ。2反の荒れっ田が美田になって、米作って食べたらきっと感動もんだよ』


こんな、生産者の会話から「田んぼ作りから始める米作り」が生まれました。
印旛の里山に囲まれた元美田は木も生える、田ともいえない荒地となっています。そこを開墾し、米を作ろうという大事業です。2年前に約20aの田に挑み、秋には米農家にも迫る反当7俵のお米を手にすることができました。今年は2年目で、隣りの田んぼに挑みながら、昨年美田にした「みんなの再生田1号」でのお米作りです。

 農薬を使わない栽培と自然乾燥による作りです。何回かの体験で米作りを身につけて、家族のお米を家族でつくることを目指します。また、自然との関わりを身をもって学びます。
いのちの綱のお米の大切さを多くの皆さんに伝えてください。

直売所・各種小売

まじめな農のプロたちがこだわって作った自然のエネルギーたっぷりの野菜やお米を食べてみませんか?もちろんセンター独自の農薬基準を守った安心安全な畑の野菜たちです。
できたてホヤホヤを農家の方が届けてくれています